Rem Water

Rem Water

Rem Water

Rem Water

REM Waterの説明2へ →
← 前のページに戻る

新時代の「Water Technology」

大自然の源である水、そして生命の源である水。
健康ブームと言われる近年、人々の水に関する関心は高まってきています。
そしてMedcal Technology・Helth Technologyが進むと言われるこれからの時代は、水もあらゆる角度からさらに研究されていく事でしょう。

「REM Water」とは

Real Emotion Move=実感できる本物の感動
水の中に含まれる不純物やミネラルや溶存酸素などを極限まで取り除いた水を超純水といいます。
この超純水を特殊技術により更に純度を高め、超純水にも僅かに含まれるミネラル4元素さえも一切検出されないまで純度を高めたH2Oを作り上げました。
あらゆる病気や老化の原因となる活性酸素は水素により水に還元できる為、水素水のブームが起きました。しかし水に含まれるH2(気体)はすぐに抜け、また水素イオンは安定して水に溶け込んでいない事もわかってきました。
「REM Water」は、超純水を超える超高純度の水であり、かつ水素イオンが安定して含まれる、超高濃度活性水素イオン水です。
今までの常識ではあり得なかった奇跡の水が、世界初、ここに誕生しました!


ミネラルを含まない奇跡の水

ミネラルを含まない奇跡の水

水にはミネラル4元素(カリウム・カルシウム・ナトリウム・マグネシウム)が必ず含まれています。これらミネラル四元素の量とバランスで水の味などが決まってきます。
化粧水などの原料となる水は、余分なミネラルや不純物は含まない方が好ましい為、精製水などを利用する事が少なくありません。
さらにはミネラルや不純物を限界まっで取り除いた「超純水」と呼ばれる水も存在し、精密機械などの洗浄などに活用されています。
しかしこれらの純度の高い水ですら、ミネラル4元素を完全に取り除く事は不可能でした。

「REM Water」は、既存の水の常識を覆し、世界初ミネラル4元素も検出されず、溶存酸素や二酸化炭素なども含まない、まさに純粋な水(H2O)として誕生しました。
超高純度の特殊な水である「REM Water」は既存の水とは性質が異なる為、飲料用途のみならず、様々な分野で活用した場合、普通の水では考えられない結果を次々に生み出してきております。
この水の可能性はまだまだ無限大に広がっていく事でしょう。

粒子が極限まで小さい水

「REM Water」は特殊技術により生成している為、安定したマイナスイオン化を実現。分子同士が反発してクラスター化しずらい状態になっています。
ミネラル成分が含まれない超高純度の、粒子が極限まで小さな水を飲む事で、喉に引っかかるものがなくスーッと入っていく、今まで体感したことのない深い感覚を味わうことができるでしょう。
また通常の水は皮膚に触れても、肌から浸透して中に入っていく事はありません。粒子が極限まで小さい「REM Water」は、肌から水が入っていくほどの浸透力を持っています。

「REM Water」の生成

H2Oの可能性を極限まで追求した水

世界一安全と言われる日本の水道水を原料とし、逆浸透膜(RO膜)で不純物やミネラルを濾過します。
こうする事によりミネラルが極限まで含まれない純水が出来上がります。

逆浸透膜(RO膜)で不純物やミネラルを濾過

この水から、水中に含まれる溶存酸素や二酸化炭素などもイオンレベルまで徹底的に除去する事で、超純水化されます。

水中に含まれる溶存酸素や二酸化炭素などもイオンレベルまで徹底的に除去

さらに、この超純水を独自プラントを用いた特殊技術により超高圧処理を施す事で、水に僅かに残ったミネラル4元素が消滅。
そして、水に一定量含まれる重水素は、中性子を破壊する事で軽水素(活性水素イオン)に変化いたします。

超高圧処理による水の生成

こうして誕生した「REM Water」は、活性水素イオンが安定した状態を保ち続ける奇跡の水となるのです。

活性水素イオンが安定した状態を保ち続ける奇跡の水

また、一般的な超純水は、金属であるミネラル成分を含まない為、電気を通さないという性質を持ちますが、「REM Water」は、超純水を超える純度の高さを持ちながら電気を通す水でもあります。
これは水素イオンが水中で動き回っている為で、電子も活発に動いているからと考えられます。
つまり「REM Water」は、いわゆるエネルギーの高い水でもあるのです。

REM Waterのご注文

REM Waterの説明2へ →
← 前のページに戻る